« 夏季休業のお知らせ | トップページ | 北欧アンティーク内覧会2013 »

北欧の旅2013年夏

北欧の旅 2013年夏 

例年どおり今年も7月下旬から約1ヵ月半の間スウェーデンに滞在しもうすぐ帰国の日を迎えようとしています。 

各地のアンティークフェアやオークションでの買い付けも順調でした。円安の影響や年々上がっていく仕入れ値のため悩むときもありましたがいい物との出会いはいつも嬉しいものです。 また、探しているものが見つからず次に期待することもあります。 

滞在中はほぼお天気に恵まれ青い空と白い雲の下に広がるスコーネ地方の風景はいつものように私の心を癒してくれました。広々とした平原と点在する森や林の上の青空は大きく雄大。夏の日差しにキラキラ光る海の眩しさに目を細めながらアイスクリームに舌鼓。毎年訪れる第2の故郷南部の街、ボースタッドの風景を満喫しました。

2013summer5 2013summar3 2013summar2 2013summer1

短い夏の日光を思い切りエンジョイしている人々に混じって北欧ならではのランチメニューを色々試して味わうのは旅の楽しみのひとつです。

2013mat1 2013mat3

今年は隣国、バルト3国のうち真ん中のラトビアへ小旅行しました。プロペラ機でコペンハーゲンから首都リガまで2時間足らずです。3泊4日のショートステイでしたが歴史や文化を感じるとてもこじんまりとした良い街でした。エストニアのタリンは数年前2度度訪れたことがありますがリガもやはり中世の時代の旧市街が今も残っていてとても興味深い街でした。古い教会などの他、美術館や博物館もセントラルにありアクセスがいいので自分で地図を片手に徒歩で観光できます。 また、バスターミナルや駅の近くには大きな生鮮市場があり、露天には新鮮な野菜やフルーツが満載、かまぼこ型の屋根の室内市場にはものすごい量のサラミやチーズなどの食材が並んでいました。その他に工芸品や日用品を売っている小さな店が100店舗以上。雑多にならんでいましたがハンドクラフトのカゴや羊毛品もその手仕事の質はよくみるととてもハイレベル。 

Riga2013 2013riga5 2013riga3 2013riga1 2013riga4 2013riga2_2

日本からヘルシンキ経由でタリンへ渡りバスでバルト3国の首都を旅する友人と途中のリガで待ち合わせてこの街を一緒に楽しみました。教会や博物館など観光と歴史探索の他、私と同じようにハンドクラフトが大好きな友人と手織や手編の工芸品の店を何度ものぞいてショッピングしたり、お気に入りのレストランでの素敵なディナーに歓喜! 他の小さなレストランやカフェでのランチもとても美味。コーヒーも飲みなれたスウェーデンでのコーヒーと同じくらい美味しいと思いました。

2013mat22013mat4

3日目にリガから次のリトアニアへの旅を続ける友人と別れて私は翌日コペンハーゲンに戻りました。そしてそのあとのスウェーデン滞在後半もとても充実した内容でした。

去年も北欧アンティークの買付けの他にゴットランド島の旅行をしましたが今年はもう一つの大きな島、オーランド島へ車で渡り3泊4日の小旅行を楽しみました。長年いつかいきたいと思っていたこの二つの島をようやく訪れることができとても嬉しく思います。20年以上も関わってきたスウェーデンですがその美しい大自然の知らなかった面を見ることができました。 この国の地球上の魅力を改めて認識しました。それでも観光旅行だけでなくやはりその土地のクラフト雑貨を仕入れることは忘れませんでした。

 

|

« 夏季休業のお知らせ | トップページ | 北欧アンティーク内覧会2013 »

旅行日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の旅2013年夏:

« 夏季休業のお知らせ | トップページ | 北欧アンティーク内覧会2013 »