« 津田照代 手織の衣展 | トップページ | 鳥居節子ニット展 »

早春の布バッグ&ストール展

早春の布バッグ&ストール展

2017年3月9日(木)~18日(土) 

11:00~17:00

於:ギャラリーミンネ

北欧のプリント生地で仕立てたバッグ、ポシェットやポーチ、シルクや麻など自然素材のインポートストール等

2017jobs

ハンドプリントの北欧大手テキスタイルメーカーjobsの麻生地はしっかりとした品質と明るい草花などのデザインで国内外で知られています。現地スウェーデンでもカーテンやクッション、椅子やソファ等、インテリアを華やかにするメーカーとして人気が高く人々の心を惹くデザインも豊富です。 そんな生地でトートバッグやボストンタイプのバッグを仕立てています。 

画像のプリント生地はjobs(ヨブス)の代表的なデザインです。

ゴッケン・ヨブス(1914〜1995)
リスベット・ヨブス(1909〜1961)

1940年代、それまで淡いブルーとグレーホワイトの落ち着いたグスタビアン調に支配されていたスウェーデンのインテリアに革命的な変化をもたらしたのが、リスベットとゴッケンのヨブス姉妹。ダーラナ地方の豊かな動植物たちを題材にした彼女らのパターンはリリシズムと歓びにあふれ、その後のスウェーデンテキスタイルの世界で際立つ存在となりました。その大胆で鮮やかな色彩は、北欧におけるテキスタイルやインテリアデザインの発展の幕開けとなり、同時代のアストリッド・サンペ、ジョゼフ・フランク、のちのステ-グ・リンドベリなど、ミッドセンチュリーを代表するデザイナーたちと共にスウェーデンデザインの黄金期を築きあげたのです。

jobsのテキスタイルは今でも1944年の工房設立当初同様、すべてが手染めで生産されています。多いものでは28色もの抜き型を使い、一色ごと丁寧に熟練職人の手によって染色され、一日わずか約60mしか生産できないという貴重なもの。また、使用されている生地は上質の麻、麻混紡および綿で、年月を通して風合いが保たれ、使うほどに味わいが出てくるのも大きな魅力です。

雪の積もった八ヶ岳の山小屋でコツコツ作りました。暖かい春の日に思わずお出かけしたくなるような華やかなバッグたち。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいね。 <Makigai Bag Shop >

Face Boock

|

« 津田照代 手織の衣展 | トップページ | 鳥居節子ニット展 »

企画展・イヴェント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504651/64937708

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の布バッグ&ストール展:

« 津田照代 手織の衣展 | トップページ | 鳥居節子ニット展 »